女性活躍推進実践企業インタビュー|人材育成・教育研修

様々な企業のサービス導入事例・取り組み事例がご覧になれます。

カテゴリ
  • 日本国際協力センター様
    「利用する側だけでなくサポートする側のためにもなる制度の実現を目指して」

    留学生の受入や国際交流を手掛ける日本国際協力センター。かつては、仕事と家庭・育児の両立が難しく、結婚や出産といったライフイベントを機に離職する女性職員が少なくありませんでした。しかし今では、育児休業や時短勤務などの制度を利用しながら仕事を続ける職員が格段に増え、男女を問わず、若手から管理職まで、幅広く職員の意識に変化が表れているようです。自らもワーキングマザーで、3年前から同法人の人事制度改革を進めてきた齊藤牧 前人事課長に取り組みを伺いました。

    日本国際協力センター様 女性活躍推進実践企業インタビュー「利用する側だけでなくサポートする側のためにもなる制度の実現を目指して」|導入事例_2
  • 清水電設工業様
    「女性管理職登用のポイントは“意思尊重”と“変化サポート”にあり」

    工業製品のコーティング処理など、技術力を活かして国内外の企業にサービスを提供する清水電設工業。同社の長い歴史の中で、女性管理職が誕生したのは2013年とごく最近ですが、以来、女性の活躍の場を着実に広げています。清水博之社長と、女性管理職第1号の立田愛総務部長に話を伺ったところ、女性を管理職に登用し、育成していく上で押さえるべきポイントが見えてきました。

    清水電設工業様 女性活躍推進実践企業インタビュー「女性管理職登用のポイントは“意思尊重”と“変化サポート”にあり」|導入事例_3
  • ブライド・トゥー・ビー様
    「『この会社で働き続けたい』そう思わせる会社づくりとは?」

    名古屋を拠点にブライダル事業を展開するブライド・トゥ・ビー。「女性は結婚したら仕事を辞める」という業界の常識を覆すべく、様々な取り組みを実施し、結婚が理由の退職者ゼロ、育休からの復帰率100%を実現しています。2度の育休を取得し、企画開発広報部で活躍している青木千加さんは、「仕事を辞めることが隣り合わせではないのが当社の強み。パティシエだって、在宅勤務ができるんです」と語ります。

    ブライド・トゥー・ビー様 女性活躍推進実践企業インタビュー「『この会社で働き続けたい』そう思わせる会社づくりとは?」|導入事例_4
  • ホームステージング・ジャパン様
    「“違いをもとに理解し合う”ことで進める男女同一業務の職場づくり」

    「男女の関係はフラット」。その考えがプラスにもマイナスにも働き、性別による仕事のすみ分けが生まれていたホームステージング・ジャパン。しかし今では、男性も女性も同じ仕事をこなし、急増するビジネス案件に対応できる体制を構築しています。男女平等を実現できた背景には、変化がもたらす不安をサポートする取り組みや、個人の違いを受け入れ、お互いを理解するといった姿勢があるようです。加藤望美COOに、同社の女性活躍推進の位置付けや取り組みを伺いました。

    ホームステージング・ジャパン様 女性活躍推進実践企業インタビュー「“違いをもとに理解し合う”ことで進める男女同一業務の職場づくり」|導入事例_5
  • ソフトウェアサービス様
    「象徴となるチームを立ち上げ、女性が輝く会社へ」

    女性が輝く環境づくりを目指し、タスクチームを立ち上げたソフトウェアサービス。タスクチームのメンバーを中心に全社を巻き込み取り組んだ結果、「リーダーを目指す女性が増えた」「働き方について話し合う機会が生まれた」など、女性活躍に限らず、職場改革の実現に少しずつ近づいているようです。添田新太郎社長、田島義雄システムサービス事業部長、タスクチームのリーダーを務める須藤麻衣さんに、同社の女性活躍推進の位置付けや取り組みを伺いました。

    ソフトウェアサービス様 女性活躍推進実践企業インタビュー「象徴となるチームを立ち上げ、女性が輝く会社へ」|導入事例_6
  • ISO総合研究所様
    「社長が実践する女性活躍推進とは」

    「育児中でもスキルを存分に活かして活躍してほしい」。そう語るのは、ISO総合研究所の山口智朗社長。女性特有のライフイベントをうまく乗り越え、働き続けることができる職場にするため、社員の声に耳を傾けることを欠かしません。育児中の社員向けの取り組みを中心に、山口社長が考える働きやすい職場と女性活躍推進について伺いました。

    ISO総合研究所様 女性活躍推進実践企業インタビュー「社長が実践する女性活躍推進とは」|導入事例_7
  • アドバンテッジ リスク マネジメント様
    「『全社』で進める働き方改革」

    長時間労働を徹底的になくす取り組みを推進しているアドバンテッジ リスク マネジメント。その背景には、女性に限らず、全社員の働きやすさを求める経営陣の思いがあるようです。3年前から社内で人材育成や女性活躍推進を積極的に進める人事部の小山美佳部長は、「働きやすい職場の実現には、育児中の社員への配慮はもちろん、独身者への配慮も忘れてはいけない」と話します。

    アドバンテッジ リスク マネジメント様 女性活躍推進実践企業インタビュー「『全社』で進める働き方改革」|導入事例_8
  • ジェイオーコスメティックス様
    「社員の意見を活かし、現場主導で進める女性活躍推進」

    1987年の創業以来、化粧品OEM一筋で事業を展開するジェイオーコスメティックス。総務部の畑野淳嗣課長は、「社員の活躍イコール女性の活躍。会社が特別な施策をつくったというよりも、社員が意見を出し合い、働きやすい環境へと自ら変えていったと言った方が正しいですね」と話します。残業時間の削減といった目に見える効果だけでなく、社員の意識にも変化が表れているようです。

    ジェイオーコスメティックス様 女性活躍推進実践企業インタビュー「社員の意見を活かし、現場主導で進める女性活躍推進」|導入事例_9
  • シーエスラボ様
    「女性人材を確保するために“働きやすさ”でブランディング」

    多くの女性社員が活躍するシーエスラボは、えるぼし認定を取得し、女性が働きやすい職場づくりを加速しています。「当社の工場では女性に向いている作業が多く、今後も女性の力が不可欠です。他社との差別化で優秀な人材を確保し、継続的に働いてもらえる環境を整えていきます」と人事総務課の宍戸恵課長は語ります。女性の働きやすさをアピールし、採用に結び付けている同社の取り組みをご紹介します。

    シーエスラボ様 女性活躍推進実践企業インタビュー「女性人材を確保するために“働きやすさ”でブランディング」|導入事例_10
  • 都商事様
    「女性管理職の生の声から考える女性活躍推進とは」

    パチンコ事業を中心としたアミューズメント事業やTSUTAYAのフランチャイジー経営、アクセサリー事業、介護事業など、幅広い事業領域で躍進する都商事。永田明美総務部長は、圧倒的な男性社会に風穴を開け、同社の女性部長第1号に抜擢されました。「会社と従業員がお互いどこまで歩み寄れるか、見極めていくことが大切」と話す永田部長に、自身の経験と女性活躍推進の接点などを語っていただきました。

    都商事様 女性活躍推進実践企業インタビュー「女性管理職の生の声から考える女性活躍推進とは」|導入事例_11
  • ドロキア・オラシイタ様
    「女性だけでなく、全ての従業員が 幸せになるための職場づくり」

    焼きたてチーズタルト専門店PABLOを運営し、“あたらしい、おどろき”を創造するドロキア・オラシイタ。「おどろ菓子で世の中を幸せに」に共感したファンが従業員として集う企業です。設立から5年という若さ、また経営陣自体の若さから、フラットでオープンな社風があると同時に、若い女性が主な顧客層ということで元々女性従業員が多く活躍しています。しかし、人気の秘密はもちろんそれだけではなく、様々な取り組みがあります。

    ドロキア・オラシイタ様 女性活躍推進実践企業インタビュー「女性だけでなく、全ての従業員が 幸せになるための職場づくり」|導入事例_12
  • プロアシスト様
    「『社員は家族』と思い接しています」

    「当社はプライベートに踏み込む会社」と表現するのは、組み込みソフトの設計・開発などを行うプロアシストの生駒社長。「ダイバーシティ経営企業100選」「がんばる中小企業・小規模事業者300社」など様々な賞を受賞する同社は、育児休暇からの復職率が100%となっています。「個人の尊重」を経営理念とし、個人の特性が活かせる会社を目指して創業当初から国籍も性別も関係なく理念に共感できる人を採用しています。
    ダイバーシティと女性活躍、個人の尊重の関係を生駒社長と人事部の牧江様に伺いました。

    プロアシスト様 女性活躍推進実践企業インタビュー「『社員は家族』と思い接しています」|導入事例_13
  • 船橋屋様
    「制度ありきの女性活躍ではなく、 社員ありきの職場事例作り」

    創業200年を超える歴史を持つ和菓子屋の船橋屋。現在の渡辺社長は8代目です。渡辺社長による大改革の結果、女性の幹部が誕生します。それが今回お話を伺った佐藤さんです。佐藤さんが会社のビジョン・理念を大切にした採用活動を軌道に乗せた結果、ライフイベントの後も船橋屋で働きたいという女性社員が増えています。佐藤さんは「制度ありきではなく、彼女たちと一緒に事例をつくることが大事」と言います。

    船橋屋様 女性活躍推進実践企業インタビュー「制度ありきの女性活躍ではなく、 社員ありきの職場事例作り」|導入事例_14
  • 横浜岡田屋様
    「小さくても強い会社になるため、 全社で取り組むコミュニケーション」

    2015年に125周年を迎えた「神奈川にある小さくても強い会社」。125周年を機に、社長発信で制度変更を含めさまざまな取り組みを推進していらっしゃいます。ファッション関連・地域密着ということで地元の女性に人気の企業で20~30代の女性社員が増えており、女性活躍という観点でも課題をお持ちです。「はじまりは、おしゃべりから」というキーワードで社員同士のコミュニケーションを促し、職場での助け合いの雰囲気を醸成しています。

    横浜岡田屋様 女性活躍推進実践企業インタビュー「小さくても強い会社になるため、 全社で取り組むコミュニケーション」|導入事例_15
  • プレスク様
    「会社は従業員とその家族の幸せのためにある」

    東京ワークライフバランス認定企業にも選ばれるなど、長時間労働になりがちなIT業界にあってワーク・ライフ・バランスを積極的に進める株式会社プレスク。しかし同社の湯浅社長の中では「女性活躍推進」も「ダイバーシティ」も「ワーク・ライフ・バランス」も、すべてがつながっているようです。「会社は従業員とその家族の幸せのためにある」と言い切る湯浅社長、「豊かさ」の定義から社員とともに話し合い、制度も一緒に作り上げています。

    プレスク様 女性活躍推進実践企業インタビュー「会社は従業員とその家族の幸せのためにある」|導入事例_16

関連サービス