コラム|人材育成・教育研修

  • 2018.04.18

    新入社員の育成の要となるのが、先輩社員や上司などの「指導社員」の存在です。指導社員のちょっとした振る舞いが、新入社員の成長を大きく左右します。では、指導社員はどのような振る舞いをするべきでしょうか。そして、会社としてどのような支援をするべきでしょうか。今回は、指導社員について掘り下げて考えていきましょう。

    先輩社員が新入社員を指導する時避けるべき振る舞いとは?|人材育成コラム_2
  • 2018.04.11

    「鉄は熱いうちに打て」といわれますが、若手社員の育成は新入社員研修をはじめとして入社後すぐに始まります。では若手社員時代に企業側はどのような育成をすべきなのでしょうか。今回は若手社員の育成について考えていきます。

    若手社員・新人の育成で何をすべきか - 入社3年目までが勝負?|人材育成コラム_3
  • 2018.04.04

    皆さまは業務時間以外に、自己啓発や資格取得などの自己学習を行っていますか?「社会人にも自己学習が必要」とはいわれますが、いったいなぜ自己学習をしなければならないのでしょうか。そして、どのような自己学習をすればよいのでしょうか。今回は、社会人に必要な自己学習とは何かを掘り下げます。

    自己学習の重要性 - 社会人の自己学習時間は1日6分間?|人材育成コラム_4
  • 2018.03.28

    企業において効果的に人材育成を機能させるには、いくつかの要素が必要です。その中でも特に重要な要素が正しい自己認識です。今回は、正しい自己認識を促すための方法や、何が必要なのかといったことを考えていきたいと思います。

    「自己認識力」は社員が成長するために必要な決定的要素|人材育成コラム_5
  • 2018.02.07

    社員が会計・財務の知識を得ることは「会社視点」での行動につながります。「係数感覚」を身につけ会計・財務の知識を習得することは重要ですが、それ以上に価値があるのは数字をベースとした思考力が身につくという点です。今回は社員が会計・財務を学ぶことの意義を考えていきたいと思います。

    会計・財務の知識を習得することで得られるものとは?|人材育成コラム_6
  • 2018.01.31

    整理して考えをめぐらせているのに、成果になかなかつながらない。このような人には、多角的に考え、適切に分析する思考法であるクリティカルシンキング(批判的思考)の力が足りていないのかもしれません。今回は、この思考ができていない人の特徴を挙げながらその重要性を考えていきたいと思います。

    クリティカルシンキングとは。 それが不得意な人の3つの特徴|人材育成コラム_7
  • 2018.01.25

    中小企業が「後継者不足」により廃業に追い込まれているという例が少なくないのをご存知ですか?経営者の高齢化がますます進む中、事業を継続させるために、早期の後継者選定や候補者となる人材の育成が重視され始めています。今回のコラムでは、日本の経営者の実情と後継者育成の必要性について考えたいと思います。

    経営者の深く切実な悩み -誰に事業承継するのか-|人材育成コラム_8
  • 2018.01.17

    事業環境の変化に合わせた人事評価制度の改定は、企業にとって必要な施策の一つです。しかし、中には改定をして良い結果を得られない企業があります。良い結果を得る企業とそうでな企業にはどんな違いがあるのでしょうか。今回は人事評価制度改定の落とし穴について考えていきます。

    人事評価制度の改定は慎重に。人事評価制度改定の落とし穴|人材育成コラム_9
  • 2018.01.10

    プレゼンテーションを成功させるためには、デリバリーの工夫も大切ですが、大前提として適切なシナリオ設計が不可欠です。今回は、シナリオ設計に失敗しているプレゼンテーションの特徴を挙げながら、シナリオ設計のポイントをご紹介していきます。

    プレゼンのシナリオ作成術、ストーリー構築に失敗したプレゼンの特徴|人材育成コラム_10
  • 2017.12.26

    社員教育の代表手段である研修ですが内製型、講師派遣型、公開型などのその形態は様々です。本稿では内外製それぞれのメリット及びデメリットを整理した上で、その判断をどのようにすべきか考えたいと思います。

    研修内製化・外注化を判断する際のポイント|人材育成コラム_11
  • 2017.12.20

    管理職の業務は年々増え、業務内容も複雑化しています。また課長職の99%以上はプレイヤーを兼務しているという調査結果もあります。今回のコラムでは、このような状況下で管理職が必ず押さえなければならない役割とは何か考えたいと思います。

    管理職の役割 ―増大する業務負荷の中で、管理職が担うべき役割とは何か|人材育成コラム_12
  • 2017.12.15

    企業経営における人材育成の位置づけが年々高まっています。経営者・経営層はどのように人材育成に関与すればよいのでしょうか。今回は経営者・経営層が人材育成においてどのような役割を担うべきか考えたいと思います。

    成功する企業の人材育成と経営者・経営層の果たすべき役割とは|人材育成コラム_13
  • 2017.12.08

    ビジネスの世界に身を置く人であれば、リーダーシップという言葉を聞いた事がないという人はごく稀かと思います。リーダーシップは多くのケースや場面で求められており、今や全てのビジネスパーソンが身につけるべきスキルとも考えられています。今日はリーダーシップの理解を深めるために、様々なリーダーシップ論の中からPM理論についてご紹介いたします。

    PM理論とは ~理論から理解するリーダーシップ~|人材育成コラム_14
  • 2017.12.01

    経営上の課題として多くの企業があげられるのが、人材育成です。中には、人材育成に纏わる制度をいくつも構築し、多くの施策に取り組んでいるにも関わらず、なかなか効果が出ないという声もお伺いします。では、企業における人材育成を成功させるカギはどこにあるのでしょうか。今日のキーワードは「仕組み」です。

    人材育成の「仕組み」、皆さんの会社にはありますか?|人材育成コラム_15
  • 2017.11.29

    営業に従事される方であれば、提案型営業という言葉は聞き慣れた言葉かと思います。しかしながら、提案型営業の定義をしっかりと把握し、ポイントを体系的に整理できている方は意外と少ないのではないでしょうか。今回のコラムでは、提案型営業の4つのポイントをお伝えいたします。

    「御用聞き営業」「提案型営業」「ソリューション営業」を知り使いこなそう!|人材育成コラム_16
  • 2017.11.24

    ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)と言われるバックオフィス業務をアウトソースするサービスが年々広がっています。経理業務もその一つです。では経理業務をアウトソースすることにリスクは無いのでしょうか。今回は経理業務のアウトソースについて考えていきたいと思います。

    失敗しない経理業務のアウトソースのポイント|人材育成コラム_17
  • 2017.11.21

    ロジカル・シンキングについて学んでいると必ず目にする「MECE」というキーワード。わかっているようで、きちんと理解できていると言い切れる人は少ないのではないでしょうか。今回のコラムでは、「MECE」の定義とは何か、仕事にどのように活かせばよいのか、どのように身に付けるのかをお伝えいたします。

    「MECE」な思考でロジカル・シンキングの効果を高める|人材育成コラム_18
  • 2017.10.11

    グローバル化と情報化の進展により、事業を取り囲む環境は不確実性が増しています。一昔前であれば「あり得ない」と思っていたことでも簡単に起こってしまう時代、経営やプロジェクトマネジメントにおいてリスクをどう捉え、どう管理することが大切でしょうか。今回はリスクマネジメントについて考えたいと思います。

    リスクマネジメントとは? 組織全体で取り組むべき優先課題|人材育成コラム_19
  • 2017.10.06

    基本的なビジネススキルであるロジカル・シンキングは、当社が提供する研修の中で最も人気のあるテーマの一つです。巷には書籍も溢れています。今回は人気の思考法であるロジカル・シンキングについて、ビジネスにおいて求められる背景などとともに考えていきたいと思います。

    ロジカル・シンキングは合理的なメッセージの共有のため|人材育成コラム_20
  • 2017.10.05

    エンジニアは、2020年には30万人不足すると言われています。今でも「エンジニアが採れない」というお声をよく聞きますが、今後はさらに獲得が難しくなることが予想されます。エンジニア不足を解決する有効な方法とは何でしょうか。今回のコラムでは、エンジニアを取り巻く環境から人材不足解消の方法を考えたいと思います。

    エンジニアが足りない!人材不足解消に有効な「意外な方法」とは|人材育成コラム_21
  • 2017.09.14

    顧客にサービスを購入してもらう、役員に企画を提案し承認してもらうなど、どのような業種、どのような職種でも必要となるプレゼンテーション。今回はプレゼンテーションの目的や、プレゼンテーション技術を磨くためのポイント、またバックオフィスの社員によるプレゼンテーションの注意点などを考えてみたいと思います。

    営業は事業の要?それとも外注すべき?営業の役割とは|人材育成コラム_22
  • 2017.09.13

    営業という言葉は様々な場面で使われ馴染み深いだけでなく、営業はビジネスにとって欠かすことのできない機能です。一方で、スタートアップ企業など営業部門を持たない企業も出てきており、同時に営業代行という市場も伸長しています。今回のコラムでは、企業活動における営業の役割について考えてみたいと思います。

    営業は事業の要?それとも外注すべき?営業の役割とは|人材育成コラム_23
  • 2017.08.30

    「師匠」といった意味でも使われることの多いメンター。しかし企業におけるメンター制度は少し意味合いが異なります。今回のコラムでは、当社にもご相談の多いメンター制度について、定義から事例、導入の際のポイントなどを考えてみたいと思います。

    メンター制度がもたらす組織の活性化とロイヤルティ向上|人材育成コラム_24
  • 2017.08.28

    大手企業を中心に、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を謳う企業が増えています。長時間労働や残業を前提としないことは、従業員にとってはありがたいことのようですが、同時に生産性向上という命題を突きつけられることになります。今回のコラムではワーク・ライフ・バランスと生産性について考えてみたいと思います。

    ワーク・ライフ・バランスと生産性向上の関係とは|人材育成コラム_25
  • 2017.08.24

    将来は転職するかも…と考える新入社員が増加傾向にある中、いかに「与えられた仕事に執着し成果を出す」という意識のスイッチを入れるかが新入社員教育の最重要課題です。今回のコラムでは、近年の新入社員の傾向や彼らを取り巻く環境を踏まえ、上司・人事部が実践したい効果的な教育方法をご紹介します。

    新入社員は昔と違う?それとも同じ? 新入社員教育を考える|人材育成コラム_26
  • 2017.08.22

    企業におけるマネジメントでは、「ヒト・モノ・カネ」の管理を考える必要があります。今回のコラムでは、「ヒト」のマネジメントに焦点を当て、社員一人ひとりに求められるマネジメントとは何かを解説するとともに、人材開発で取り入れたい「タレントマネジメント」について考えていきます。

    マネジメントは、「ヒト」の強み・弱みを可視化することから|人材育成コラム_27
  • 2017.08.10

    デジタルマーケティングやコンテンツマーケティング、インフルエンサーマーケティング、データドリブンマーケティングなど、近年マーケティングにまつわる言葉が数多く生まれていますが、マーケティングは人材育成とどう関わるでしょうか?今回は人材育成とマーケティングの関わりについて考えたいと思います。

    マーケティングと社員育成 ―全社員に必要なスキル!?|人材育成コラム_28
  • 2017.08.07

    キャリア開発支援は、働き方の多様化が進む今の時代に欠かせません。今回のコラムでは、仕事を通じたキャリア開発を行うに当たって、企業、そして人事部が持つべき視点や取り組みたい施策を考えていきます。

    魅力的なキャリアとは?キャリアの提示が会社への愛着にも影響|人材育成コラム_29
  • 2017.07.31

    「イノベーションを起こすのは難しい」。まだまだそういった認識の方も多いのではないでしょうか? 今回のコラムでは、企業の成長に欠かせないイノベーションに焦点を当て、イノベーション創出力を高めるために持っておきたい視点や取り入れたい仕組みについてお伝えします。

    イノベーションを起こすきっかけは多様な人材との交流にあり|人材育成コラム_30
  • 2017.07.24

    ビジネスパーソンに必要なスキルは山ほどありますが、一つ一つのスキルをじっくり見ていくと、その多くがコミュニケーション能力の一部であることが分かります。今回のコラムでは、あらゆる企業活動の基本とも言える「コミュニケーション」について考えていきます。

    コミュニケーション能力向上の重要性|人材育成コラム_31
前の30件 次の30件