企業の人材育成を支援 トーマツ イノベーション株式会社

社会人が薦める 学生のうちに読んでおきたい一冊
―「知識・スキル」よりも社会人としての「考え方や心構え」を養う本が必要だった!―

社会人が薦める 学生のうちに読んでおきたい一冊
―「知識・スキル」よりも社会人としての「考え方や心構え」を養う本が必要だった!―|人材育成クイックリサーチ|人材育成・教育研修

2016年12月号

今月は「これから社会人になる人に薦めたい本」についてアンケートを実施しました。

回答を集計したところ、本の内容によって「考え方や心構え」と「知識やスキル」の大きく2つの傾向に分類することができ、7割以上(74%)の人が「考え方や心構え」についての本を薦める結果となりました。

これから社会人になる人にお薦めする本の内容
これから社会人になる人にお薦めする本の内容

この結果から、既存社員の多くが「新入社員には社会人としての考え方や心構えが十分に醸成されていない」「知識やスキルよりも、まずは心構えを身に付ける必要がある」と感じていると推察されます。社会人に求められる考え方や心構えといったマインドセットは、多くの企業において新入社員研修時に伝えられています。しかし、業務知識の習得に比べて、学生から社会人へのマインドチェンジには時間がかかるため、新入社員が早い段階で社会人としての考え方や心構えを発揮させるためには、内定時代から考え方や心構えを伝えることも有効でしょう。

そのための施策としてよく取り組まれているものにインターンや懇親会などがありますが、社員側の負担が大きいというデメリットがあります。一方、今回のアンケートのテーマである「読書」は社員の負担を抑えつつ、内定者に社会人としての考え方や心構えを醸成することができるだけでなく、読書を継続することにより読解力が発達し、推論、理解、予測、過去の知識との結びつけ、自己モニタリングなど、自分で考えるために必要な力を身に付けることができます 。

読書に関して、「国語に関する世論調査」(文化庁)によると、20代~50代のうち「1カ月に1冊も本を読まない」人が最も多い年代は30代であることが明らかになっています。また6割以上の人が「読書量が以前に比べて減っている」と答えており、その理由として半数近くが「仕事や勉強が忙しくて読む時間がない」ことを挙げています。

このように、企業で働き始めると読書に時間を割くことが難しくなりますが、比較的時間に余裕もある内定時期は、仕事とどう向き合っていくのか、自分をどう成長させていくのかといったことを、しっかり読書の時間をとって考えることができる良い機会と言えます。ただし、本を一度読んだだけでは知識としての定着が難しいため、読書後に本の「感想」や「印象に残った内容」「仕事にどう活かせるのか」についてまとめさせるなど、アウトプットの機会を設けることも重要です。

企業で人材育成に携わっている方は、読書を通じて社会人としての考え方や心構えを知ってもらう取り組みを内定者に対して行ってみてはいかがでしょうか。

なおアンケートの結果、これから社会人になる人にお薦めする本のランキングは以下のようになりました。

  • 1位 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー
  • 2位 『人を動かす』 D・カーネギー
  • 3位 『入社1年目の教科書』 岩瀬大輔
  • 4位 『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え』 岸見一郎、古賀史健
  • 5位 『マネジメント』 ピーター・F・ドラッカー

【アンケート実施概要】

アンケート名 人材育成クイックリサーチ
対象 Biz CAMPUS Basicの研修受講者
(東京会場で開催の研修)
時期 2016年10月11日 ~ 12月21日
回答数 380名

あなたの「知りたい」を教えてください!

企業の皆さまが人材育成に関して「気になること」「調べてみたいこと」があれば、ぜひ気軽にお知らせください。
トーマツ イノベーションは人材育成のプロフェショナルとしてデータ収集・分析・研究から得られた知見を基に、皆さまの"知りたい"を調査しお応えします。投稿されたご要望は当社で検討し、採択された場合、調査結果はこちらのレポートにて発表します。

あなたの「知りたい」を教えてください!

人材育成リサーチ一覧