キャリアアップのために上司に求めるものは?新人は"優しさ"、管理職は"リーダーシップ"|人材育成クイックリサーチ|人材育成・教育研修

2017年3月号

今月は「自分のキャリアアップにつながる上司像」について、Biz CAMPUS Basic研修の新人から管理職までの受講者を対象にアンケートを実施しました。対象者のうち、1,038名から回答をいただきました。

レポートのサマリ
  • 1. キャリアアップにつながる上司は「リーダーシップのある上司」と6割以上が回答
  • 2. 役職別に見ると、「リーダーシップのある上司」を挙げる比率は、管理職で高い
  • 3. 「優しく指導する上司」がキャリアアップにつながると答える比率は、新人で高い

1. キャリアアップにつながる上司は「リーダーシップのある上司」と6割以上が回答

回答を集計した結果、6割以上の方は自分のキャリアアップにつながる上司に「リーダーシップのある上司」を挙げていることが分かりました。次いで多くの回答者が挙げている「専門力の高い上司」とは3割近い差が開いています(fig.1)。

キャリアアップにつながる上司像の項目別割合(全階層対象・複数回答可)
(fig.1)人材育成クイックリサーチ(2016年12月実施)より作成

また、2016年4月に新入社員を対象に行った同様のアンケートでも、最も高い割合になった項目は「リーダーシップのある上司」でした(40.0%)。ただし、「厳しく指導する上司」を除く他の項目との差は5.6%以下で、あまり大きくはありませんでした(fig.2)。

キャリアアップにつながる上司像の項目別割合(新入社員対象・複数回答可)
(fig.2)新入社員アンケート(2016年4月実施)より作成

2. 役職別に見ると、「リーダーシップのある上司」を挙げる比率は、管理職で高い

キャリアアップにつながる上司像に「リーダーシップのある上司」と答えた人の割合を役職別で比較すると、以下のことが分かりました(fig.3)。

  • ・ 「リーダーシップのある上司」を挙げる割合は、管理職が他の役職と比べて最も高い(81.5%)
  • ・新人から一般、係長・主任、管理職と役職が上がるにつれて「リーダーシップのある上司」を挙げる割合が高くなっている
「リーダーシップのある上司」と答えた人の割合(役職別)
(fig.3)

3. 「優しく指導する上司」がキャリアアップにつながると答える比率は、新人で高い

キャリアアップにつながる上司像に「優しく指導する上司」と答えた人の割合を役職別で比較すると、以下のことが分かりました(fig.4)。

  • ・ 「優しく指導する上司」を挙げる割合は、新人が他の役職と比べて最も高い(37.6%)
  • ・新人から一般、係長・主任、管理職と役職が上がるにつれて「優しく指導する上司」を挙げる割合が低くなっている
「優しく指導する上司」と答えた人の割合(役職別)
(fig.4)

調査結果から考察すると、以下のようになります。

  • ・管理職などリーダーシップが求められる役職の多くは、自身のキャリアアップにつながる上司にもリーダーシップを求める
  • ・ 新人は、上司から優しく指導を受けながら仕事を経験し、キャリアを積み上げていきたいと考える傾向がある

【アンケート実施概要】

アンケート名 人材育成クイックリサーチ 2016年新入社員アンケート
対象 Biz CAMPUS Basicの研修受講者
(東京会場で開催の研修)
Biz CAMPUS Basicの新入社員研修の受講者
(開催地域:東京・横浜・名古屋・大阪)
時期 2016年12月14日 ~ 12月22日 2016年4月4日 ~ 4月6日
回答数 1,038名 3,931名

あなたの「知りたい」を教えてください!

企業の皆さまが人材育成に関して「気になること」「調べてみたいこと」があれば、ぜひ気軽にお知らせください。
トーマツ イノベーションは人材育成のプロフェショナルとしてデータ収集・分析・研究から得られた知見を基に、皆さまの"知りたい"を調査しお応えします。投稿されたご要望は当社で検討し、採択された場合、調査結果はこちらのレポートにて発表します。

あなたの「知りたい」を教えてください!

人材育成リサーチ一覧