本プロジェクト
について

2016年4月、女性活躍推進法が施行され、
企業が向かう方向が示されました。
今まさに業界・業種問わず各企業の経営者や人事担当者は
女性の活躍に高い関心を寄せています。
そして今、最も求められていることは、
女性が活躍できる具体的な方法と会社としての仕組みです。
このたび、人材育成研究の第一人者である中原淳先生と、
人材育成支援においてトップクラスの実績がある
トーマツ イノベーションがタッグを組み、
人材育成の観点から女性の「働く」を科学します。

企業と働く女性の間にある
「迷い」の正体を解明し
解決策へつなげます。

当社は多種多様なクライアントの人材育成をお手伝いしております。
日々の人材育成の現場の中で「女性活躍」というキーワードが
出ないことはありません。 
「女性活躍」という命題に対して、
企業側は「何とかしたい」という思いを持ち、
働く女性たちは「それぞれの(秘めた)思い」を
持っていらっしゃいます。
企業と働く女性たちの間には、
決してネガティブな意味ではない「迷い」のようなものが
横たわっていると感じます。
この「迷い」のようなものが少しでも解消されることを願い、
中原先生と今回の取り組みを一年以上前からはじめました。
取り組みの中では、解明だけではなく解決策づくりを
同時に進めています。企業と働く女性の皆様に貢献できる成果を
必ず出したいと考えています。
最後に、ご協力を頂いている数多くの企業と従業員の皆様に
心より御礼を申し上げます。

トーマツ イノベーション株式会社
代表取締役社長
眞﨑 大輔

「わたしの教育論」にメス。
多くの人がやりがいをもって
働ける職場づくりのために
科学的知見を見出します。

このたびトーマツ イノベーションの皆様と、世界的にも類をみない調査研究に取り組むことができることを心より嬉しく思います。

今回当プロジェクトが行う調査は、
1)「実務担当者からリーダー「リーダーから管理職」というキャリアの進展のなかで、本当に女性と男性の違いがあるとすれば、それは何か?
2)「男女のリーダー」「男女の管理職」で、それぞれ、どのように日常の管理行動が異なり、何が挑戦的課題になるか?
を明らかにすることをめざしています。

これまで「女性活躍推進」や「女性リーダー・管理職の育成」の領域は、研究知見の数が限られており、「わたしの教育論」が蔓延っている領域でした。
ここに科学の「メス」をいれ、多くの人々がやりがいをもって働ける職場づくり、組織づくりを支援する科学的知見をだしていくことが、この調査の目的です。
さらに本研究は「調査で知見を見出して終わり」ではありません。
「研修」や「ワークショップ」など、様々な学習の場を創出するところまでをめざします。
調査研究に貴重な時間をくださったみなさまのご期待にお答えできるよう、トーマツ イノベーションの皆さまとともに、この共同研究を成し遂げたい、と思います。

東京大学 大学総合教育研究センター 准教授 中原 淳

http://www.nakahara-lab.net/
東京大学大学院 学際情報学府 (兼任)。東京大学教養学部 学際情報科学科(兼任)。大阪大学博士(人間科学)。北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究している。専門は人的資源開発論・経営学習論。

東京大学大学院 学際情報学府 (兼任)。東京大学教養学部 学際情報科学科(兼任)。大阪大学博士(人間科学)。北海道旭川市生まれ。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院 人間科学研究科、メディア教育開発センター(現・放送大学)、米国・マサチューセッツ工科大学客員研究員等をへて、2006年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究している。専門は人的資源開発論・経営学習論。
http://www.nakahara-lab.net/