• HOME
  • 調査結果
  • 「男性中心の職場文化」の影響を最も強く受けるのは誰か?

2017.04.27

「男性中心の職場文化」の影響を最も強く受けるのは誰か?

これまでのレポートでお伝えしてきた、女性活躍推進を阻む男性中心の職場文化。この男性中心の職場文化の影響を強く受けるのは、女性の中でもどういう立場にある女性なのでしょうか。その女性の働き方から、職場文化見直しの方法論を探りたいと思います。

女性の働くこととの相性の良さは目標達成度にも表れる

これまで6回のレポートで、女性活躍推進のポイントは「男性中心の職場文化を見直すこと」であることをお伝えしてきました。

男性管理職・女性管理職別目標達成度(達成できた・やや達成できた)

働く女性は男性と比べて「長く仕事を続けたい」と思っており、実務担当者時代には「大変でもやりがいのある仕事をすることを重視」しています。そしてリーダーになれば男性リーダーよりも「しなやかな職場をつくる」ことに長けています。女性管理職の目標達成度(63%)は男性管理職(54%)よりも高く(t検定、統計的有意差あり)、多くの女性管理職が「なってよかった」「後輩にも薦めたい」と思っています。

これほど仕事や働くこととの相性がいい女性、その女性の気持ちを萎えさせ、離職してしまう、あるいは昇進を諦めてしまう女性を生み出してしまう原因は、「男性同士で働くことを好む」「仕事の割り振りや評価面で男性が優遇されている」「残業をした人が評価される」といった男性中心の職場文化なのです。

では、男性中心の職場文化の影響を最も強く受けているのは誰でしょうか。

「職場ぐるみ働き方見直し」のキーはワーキングマザー

調査結果を様々な角度から分析した結果、統計的に有意な差が表れた属性がありました。働く女性の中でも、小さなお子さんがいる(第一子が小学生以下で子育て期にある女性、以下ワーキングマザー)かいない(ワーキングウーマン)かの違いがその属性に当たります。この属性別で調査結果を見てみると、「仕事の割り振りや評価の面で男性の方が優遇されていた」「職場には、残業した人が評価される雰囲気がある」という項目について、それぞれワーキングウーマンよりもワーキングマザーの方が高い回答となりました(t検定、統計的有意差あり)。ワーキングマザーの方が、ワーキングウーマンよりも、職場の雰囲気に関してネガティブな評価を行っていることがわかりました。

仕事の割り振りや評価の面で男性のほうが優遇されていた 職場には、残業した人が評価される雰囲気がある

ワーキングマザーがワーキングウーマンと大きく異なるのは、「自分でコントロールできない時間が多い」という点です。保育園の送り迎えはもちろん、子どもがまだ1歳程度であれば夜中の授乳やおむつ交換も頻繁にあり、少し大きくなっても急な発熱や学校行事などがあります。これらは、子育てをできる人が実質的に親および家族に限られるために「仕事が長引いたのでその分だけ対応が遅れる」ということが許されないケースがほとんどです。つまり、例えば残業についての選択肢は「してもいいか、したくないか」ではなく、「できない」という一択となるのです。

そこで、本プロジェクトでは5,402名の本調査に加えて、ワーキングマザーを中心とした2,000名に追加調査を実施いたしました。追加調査は、本調査から導かれた「職場ぐるみで働き方を見直す」という方向性について、より具体的な方法論を導き出すことが目的です。対象は共働きのワーキングマザー(第一子が小学校以下)、ワーキングマザーの配偶者またはパートナー、ワーキングマザーを部下に持つ管理職、ワーキングマザーが職場にいる一般社員の4つのセグメントで、それぞれ500名ずつの回答を得ました。

同じ質問項目に対して、ワーキングマザー、管理職、職場メンバー(一般社員)、ワーキングマザーの配偶者(パートナ)は、どのような回答を行うのか? その意識のズレが興味深いところです。

いよいよ本番が迫ってきました第2回 人材育成イノベーションフォーラムでは、本調査に加えて、この追加調査の結果も加えてお伝えいたします。どうぞご期待ください。

※ 調査結果を引用・転載する場合には出典を記載してください。

【出典記入例】

  • 出典:トーマツ イノベーション×中原淳 女性活躍推進研究プロジェクト (2017)「女性の働くを科学する:本調査」(https://www.ti.tohmatsu.co.jp/npro/2017/)