【基礎】部下を持つ管理職のためのコーチング|研修情報|人材育成・教育研修

Biz CAMPUS対象研修Biz CAMPUS Basic 対象研修

 

こんな方におすすめです

  • 部下へのアドバイスが伝わっていないように感じるときがある
  • 正直、部下は心を開いていないと感じている
  • 具体的な指示があるまで行動できない部下が多い
  • 部下を早く独り立ちさせたい
こんな方におすすめです||経営戦略概論|研修情報|人材育成・教育研修_1

こんなことが得られます

教える一辺倒の指導から脱却し、部下の主体性を引き出すコーチングの手法を学ぶ

教えること中心の関わり方が、部下の無力化や指示待ちの常態化を招くこともあります。
本研修は、効果的な質問を用いながら部下の力を引き出す手法として、コーチングの基礎を学んでいただきます。ティーチングとの違いや実践のためのポイント、質問例など、重要な要素を凝縮してお伝えします。
部下の主体性が育つ強い組織づくりが可能となる研修です。

研修受講者の声

  • 怒っているだけが指導じゃないと思いました。
  • 「相手から話す価値のある人物と認識される」という一文に重みを感じました。
  • コーチングとティーチングの違い、使う相手などが整理できました。新人や若手を教えることが多くティーチングになっているので、コーチングも取り込んでいきたいです。
      

男女比

  • 男性70%
  • 女性30%

階層比

  • 新人0%
  • 若手0%
  • 中堅17%
  • 管理職82%
  • 経営陣1%

満足度

  • 満足96%

研修プログラム

研修時間:120分

1. 今の時代に求められる人材と管理職がすべきこと

  1. (1)社会人に求められる力
  2. (2)今の時代に求められる人材
  3. (3)管理職による部下育成の現状

2. コーチングで部下を育成する

  1. (1)コーチングとは
  2. (2)コーチングをすべき対象の考え方例
  3. (3)部下の成熟度合いと関わり方
  4. (4)ティーチングとコーチング
  5. 【ワークショップ】ご自身の部下の状況を踏まえて、関わり方について検討してください

3. GROWモデルを活用したコーチング

  1. (1)コーチングで実施すべきこと
  2. (2)相手から話す価値のある人物と認識されるために
  3. (3)GROWモデルを活用したコーチング
  4. (4)Goalの切り口例
  5. (5)Goalの質問例
  6. (6)Realityの切り口例
  7. (7)Realityの質問例
  8. (8)Resourceの切り口例
  9. (9)Resourceの質問例
  10. (10)Optionsの切り口例
  11. (11)Optionsの質問例
  12. (12)Willの切り口例
  13. (13)Willの質問例
  14. 【ケーススタディ】上司役と部下役に分かれてコーチングを実践してください

4. 明日からの行動計画

*内容は変更になる可能性があります

  • バナー
  • バナー

300の豊富なテーマ数で新人から経営層まで全階層に対応|定額制ビジネス研修 Biz CAMPUS Basic

定額制ビジネス研修の無料説明会、資料請求はこちら

  • バナー

おすすめの研修

人材育成コラム一覧

対象別の育成ポイント