『体感型』報連相研修2<報告・相談編>|研修を探す|人材育成・教育研修

こんな方におすすめです

  • 「あの仕事、どうなっているの?」と先輩や上司に聞かれることが多い
  • 「何が言いたいのか分からない」と注意されたことがある
  • 報告、相談の際に、先輩や上司に声をかけるタイミングが分からない
こんな方におすすめです||経営戦略概論|研修ラインナップ_3

こんなことが得られます

ロールプレイング形式で「きちんと報告・相談ができる」と評価される振る舞い方を学ぶ

進行中に適切な報告・相談を自主的にできるかどうかで、仕事の評価は大きく変わってきます。
本研修は、ビジネスでありがちな6つのケースと総合演習のロールプレイングで、報告・相談を徹底的に鍛えます。
先輩や上司から聞かれる前に適切なタイミングで報告・相談で「仕事をきちんと進めてくれる人」として認められるようになる内容です。

研修受講者の声

  • 普段の自分の報告・相談が「良いのか悪いのか」や「何が必要か」を振り返ることができました。
  • 日々の報連相で、上司から「つまりいいたいことは?」「まとめると?」とよく言われるので、もっと分かりやすく端的に伝えられるようにしていこうと思いました。
  • 報告・相談をする相手の環境や状況を理解せずに情報を投げつけていたと反省しました。これからより一層努力して向上させていかなければならないと感じました。

男女比

  • 男性63%
  • 女性37%

階層比

  • 新人46%
  • 若手43%
  • 中堅10%
  • 管理職1%
  • 経営陣0%

満足度

  • 満足98%

研修プログラム

研修時間:180分

1. 報連相とは

  1. (1)報連相とは
  2. (2)仕事の受け方
  3. 【ワークショップ】ご自身の報連相を振り返ってください
  4. (3)報連相が必要になる代表的な場面
  5. (4)報連相における上司の期待

2. ロールプレイング

  1. 【ケーススタディ】ケース1~6をもとに、仕事の受付を体感してください
  2. (1)PREP法
  3. (2)メールの活用例

3. 総合演習

  1. 【ワークショップ】設定をもとに、学習ポイントをふまえて報連相を実践してください

4. 今後の行動計画

*内容は変更になる可能性があります

  • 研修の効果を最大化!プラスアルファの仕組みはこちら|研修ラインナップ_3
  • ログインして研修予約|研修ラインナップ_4

おすすめの研修

この研修を受講できるサービス

対象別の育成ポイント