回収不能を防ぐための危ない会社の見分け方|セミナー・研修情報|人材育成・教育研修

概要

日本では、年間1万件以上の企業が倒産しています。お客様企業が倒産すると、自社の売上が減少するだけでなく、貸倒損失による利益の減少や資金繰りの悪化など、様々な影響を被ります。本セミナーでは、取引先が倒産し回収不能とならないために、その予兆をどこで発見すればよいのか、ポイントを考えます。
本セミナーでは、どのような業種にも当てはまる基礎を学びます。定量面(決算書分析)と定性面の両面から、何がチェックポイントになるのか、ワークショップを通じて学びます。
なお、本セミナーは国内のBtoB(法人取引)を想定しています。海外取引は内容に含まれていませんのでご留意ください。

プログラム

●回収不能、未然防止の重要性
●回収不能を防ぐためのチェックポイント
●予兆発見時の初期対応

時間:2時間

階層