[若手向け]自己成長につなげるリフレクション|研修情報|人材育成・教育研修

Biz CAMPUS対象研修Biz CAMPUS Basic 対象研修

 

こんな方におすすめです

  • 同じような間違いやミスを繰り返してしまう
  • 仕事の経験を応用することが苦手である
  • 後輩の育成のために、これまでの経験を棚卸ししたい
こんな方におすすめです||経営戦略概論|研修ラインナップ_3

こんなことが得られます

経験をノウハウに変える「リフレクション」の実践・習慣化の方法を学ぶ

同じ間違いを何度も繰り返してしまう方は、経験を学びに変える「リフレクション」を身につけることが求められます。
本研修では、リフレクションのポイントをお伝えするとともに、現在の仕事を振り返り学びの要素を抽出するワークを行うことで、実際にリフレクションを体感していただきます。
経験をノウハウとして蓄積するという好循環を回すコツがお持ち帰りいただける研修です。

研修受講者の声

  • 今後、自らが取り組むべきことが理解できました。明日、今日から取り組むことが分かる明快な研修でした。
  • なかなか日々の業務を振り返る時間はないですが、今日の気づきを踏まえて毎日帰り時間などの時間を使い小さなことから実践していこうと思います。
  • 振り返りのできている人とできていない人の対比があり、理解しやすかったです。
  • 普段行わない振り返りを行うことで仕事をより効率的に進められると感じました。今後一定のタイミングで振り返りを行っていきたいです。
      

男女比

  • 男性60%
  • 女性40%

階層比

  • 新人18%
  • 若手66%
  • 中堅10%
  • 管理職6%
  • 経営層0%

満足度

  • 満足96%

研修プログラム

研修時間:120分

1. リフレクションとは

  1. (1)リフレクションの概要
  2. (2)ビジネスにおいての経験とは
  3. (3)リフレクションのメリット
  4. 【ワークショップ】これまでのご自身のビジネスでの経験を書き出してください
  5. (4)ビジネスにおける経験の書き出し
  6. (5)仕事の経験
  7. (6)人は何から学ぶか
  8. (7)仕事の直接経験から学ぶとは
  9. (8)振り返り・概念化の重要性
  10. (9)振り返り・概念化ができないとどうなるか

2. リフレクションのポイント

  1. (1)リフレクションの流れ
  2. (2)仕事を詳細に思い出す必要性
  3. (3)仕事を詳細に思い出すとは
  4. (4)仕事を詳細に思い出すためのポイント
  5. (5)ポイントの洗い出し
  6. (6)人間は忘れる生き物
  7. 【ワークショップ】現在進行中の仕事を振り返るタイミングを決めてください
  8. (7)振り返るタイミングの設定
  9. (8)概念としてまとめるポイント
  10. 【ケーススタディ】設定をもとに、次の仕事や他の仕事に活かす内容を考えてください
  11. (9)概念化の実践
  12. (10)学びを選ぶ際のポイント
  13. (11)概念はなぜ大事なのか
  14. (12)考える切り口を増やすためには
  15. (13)過去の仕事の経験や振り返りの記録
  16. (14)先輩・上司の力
  17. (15)体系的な知識

3. リフレクションの実践

  1. 【ワークショップ】現在進行中の仕事でリフレクションを実践してみてください
  2. (1)リフレクションの実践

4. 今後の行動計画

*内容は変更になる可能性があります

  • 研修の効果を最大化!プラスアルファの仕組みはこちら|研修ラインナップ_3
  • ログインして研修予約|研修ラインナップ_4

300の豊富なテーマ数で新人から経営層まで全階層に対応|定額制ビジネス研修 Biz CAMPUS Basic|研修ラインナップ_6

定額制ビジネス研修の無料説明会、資料請求はこちら

  • ログインして研修予約|研修ラインナップ_7

おすすめの研修

人材育成コラム一覧

対象別の育成ポイント