【特別企画】 今こそ、高齢者活用に必要な企業対応|セミナー・研修情報|人材育成・教育研修

概要

高齢者雇用安定法の施行から3年が経ち、8割超の企業では65歳までの継続雇用制度を導入しています。さらに、就業者全体の1割超が65歳以上という実態もあり、少子高齢化による今後の労働力人口の予想推移を鑑みれば、高齢者活用はこれからの企業の存続にも係わる大きな問題となっています。
そこで、有効な高齢者活用を進めるために、企業が知っておくべき知識や情報、求められる企業対応などをコンパクトにまとめます。高齢者の雇用状況、活用可能な労働関連法と昨今の法改正、処遇制度、とりわけ賃金のあり方、年金や雇用保険との関係、評価制度の考え方、助成金等を数字や実例をあげてご紹介します。さらに、実際に行っている定年前後社員向け企業研修の概要も、限られた時間ですが、簡単にご紹介します。

階層