課題・施策を特定するための要素分解トレーニング|セミナー・研修情報|人材育成・教育研修

概要

「クレーム再発の原因が分からない」「目標を達成するための適切な施策が打てない」など、仕事をする上で悩んだことはありませんか。課題や施策を特定するためには、その仕事がどのような要素で構成されているのかを理解していなければなりません。例えば「最近クレームが増えているな。ではクレームを止めよう!」では、クレームは減りません。そもそもクレームの原因は何か。担当者の問題なのか、商品の問題なのか、サービスの問題なのか、など、クレームの要素を分解しなければ特定できないのではないでしょうか。
本セミナーでは、課題や施策を特定するための「要素分解」の技術をお伝えいたします。様々なケーススタディでトレーニングし、実務で活用できるレベルまで高めていただきます。

プログラム

●要素分解とは
●要素分解のポイント
●要素分解のトレーニング

時間:3時間

階層