コンセプチュアルスキルの高め方|研修情報|人材育成・教育研修

Biz CAMPUS対象研修Biz CAMPUS Basic 対象研修

 

こんな方におすすめです

  • 視点が低いと言われたことがある
  • 1つの物事を他の物事へ応用するのが苦手だ
  • 1つの出来事から多くを学べるようになりたい
  • 教訓を次の行動へ活かせるようになりたい
こんな方におすすめです||経営戦略概論|研修情報|人材育成・教育研修_1

こんなことが得られます

物事の本質を捉える思考法を学ぶ

コンセプチュアルスキル(本質的、抽象的に考える力)が高い人は、物事の本質を把握し、生産性の高い仕事をすることができます。
本研修では、現代に必要なコンセプチュアルスキルの定義から具体的な向上方法まで、物事の本質を見定めて仕事を進めるポイントやノウハウをお伝えします。
1つの出来事を次への成長につなげられる思考法が身につく内容です。

研修受講者の声

  • 受講前はどんなスキルかもイメージできなかったのですが、受講後はなんとなくイメージできるようになりました。このスキルを仕事の中で高めたいと思います。
  • 難しい内容でしたが、このようなスキルがあれば仕事がスムーズにできると思いました。会社で仕事のできる人はこのコンセプチュアルスキルがあるなと思いました。
  • 知見・思考を広げる為に必要なスキルを学べました。時間をかけてしっかりと身につけたいと思います。
      

男女比

  • 男性58%
  • 女性42%

階層比

  • 新人2%
  • 若手14%
  • 中堅53%
  • 管理職31%
  • 経営陣0%

満足度

  • 満足97%

研修プログラム

研修時間:120分

1. コンセプチュアルとは

  1. (1)コンセプチュアルスキルとは
  2. (2)概念化のイメージ例

2. コンセプチュアルスキルの必要性

  1. 【ワークショップ】コンセプチュアルスキルが発揮されるメリットを考えてください
  2. (1)コンセプチュアルスキル向上のメリット
  3. (2)コンセプチュアルスキルがない状態のイメージ
  4. (3)社会動向からみたコンセプチュアルスキルの必要性
  5. (4)将来、AIにとって代わる可能性が高い仕事一覧
  6. (5)AIの台頭による産業構造変化

3. コンセプチュアルスキルの身に付け方

  1. (1)コンセプチュアルスキルの習得が困難な理由例
  2. (2)カッツ・モデル
  3. (3)コンセプチュアルスキルを高める要素
  4. 【ワークショップ】ご自身の現状を振り返ってください
  5. (4)思考の幅を広げる方法例
  6. (5)階層化し、不足要素を見出す例
  7. (6)二項対立
  8. (7)リフレ―ミングの切り口例
  9. 【ケーススタディ】設定された状況を解消するための方法を考えてください
  10. (8)思考を凝縮する方法例
  11. (9)要素間のつながり
  12. (10)Whyへの立ち戻り
  13. (11)象徴的なキーワードへの落とし込み
  14. (12)象徴的なキーワードに落とし込む際の注意点
  15. 【ワークショップ】従事している仕事を高いレベルでできる様になるための要諦を説明してください

4. 今後の行動計画

*内容は変更になる可能性があります

  • バナー
  • バナー

おすすめ研修パッケージ

当社の定額制ビジネス研修サービスであれば、何人でも、何度でもコストを気にせず研修を受講いただけます。
複数の研修を組み合わせて受講することで、各々に求められるスキルを効果的に拡充することができます。

思考力養成パック

中堅社員の方々に、様々な観点から思考力を鍛えていただくパッケージです。
論理的思考にとどまらず、図解思考、要素分解、コンセプチュアルな思考、クリティカルシンキング、統計的な発想など、思考を広く深く広げるテクニックを身に付けていただきます。


300の豊富なテーマ数で新人から経営層まで全階層に対応|定額制ビジネス研修 Biz CAMPUS Basic

定額制ビジネス研修の無料説明会、資料請求はこちら

  • バナー

おすすめの研修

人材育成コラム一覧

対象別の育成ポイント