若手社員向け研修|研修を探す|人材育成・教育研修

自らの役割を果たせる社員になる

  • 若手社員育成の目的は、基本的な仕事の型を完成させることによって、「定型的な業務であればミスなく安定して任せられる」状態まで成長を促すことです。一人で回せる仕事ができると、組織の中で一定の役割を任せられるようになります。将来的に新規事業開発や戦略策定といった非定型業務においても成果をだせる人材へと成長するために、まずは任された役割をしっかりと果たすことで、一人で業務を遂行できる力を身につけさせることが第一の目標になります。

    自らの役割を果たせる社員になる|若手社員向け研修|研修を探す_1

若手社員が身につけるべき意識・知識・スキル

基礎知識
(経済用語、業務知識)

セルフリーダーシップ
(任された仕事をやりきる)

関係構築スキル
(報連相、ビジネスライティング)

業務に直結する基本行動の理解と習慣化

基本となる考え方の習得
(情報整理、自ら考える力)

よくある課題・報連相といった基本行動が習慣化しない。・業務効率が思わしくない。研修で得られる効果・基本行動の習慣化が促進され、社会人としての土台が完成する。・定型業務については、効率的に一人で遂行できるようになる。|若手社員向け研修|研修を探す_2

若手社員の育成法を見る

人気の研修

おすすめの研修

若手社員向け研修一覧

研修体系図をダウンロードする

この研修を受講できるサービス