次期管理職のための
リーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)

組織の成果につながる問題解決ができるリーダーを育成する研修

およそ30代前半にあたる、次期管理職・管理職候補に向けて開発したコースです。 彼らは、組織をけん引するリーダーとして、チームメンバーやステークホルダーを巻き込みながら、 単なる業務改善ではなく、組織の成果につながる問題解決をできるようになることが求められます。 組織変革に必要な「コンピテンシー」を基軸として、自らの実務を題材に、正しいリーダーシップを発揮できる人材になることを目指します。

組織の成果につながる問題解決ができるリーダーを育成する研修|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_1
少人数制・他社交流型研修|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_2

少人数制・他社交流型研修

実務直結型の知識・スキルを身につけ、真のリーダーを育成する|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_3

実務直結型の知識・スキルを身につけ、真のリーダーを育成する

モバイルを活用した反転学習を効果的に取り入れたカリキュラム|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_4

モバイルを活用した反転学習を効果的に取り入れたカリキュラム

日々の業務で起きている現実の課題を題材に解決策を体得する|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_5

日々の業務で起きている現実の課題を題材に解決策を体得する

研修ではご自身の実務上の課題を持ち寄り、受講生同士で話し合うことで、課題の深掘りや新たな自己認識の獲得を促します。
このように「意図を持つ」「Active Learning」「習慣化する」のサイクルを継続的に繰り返し、チームとして成果を上げられるリーダーへの自己革新を図ります。

組織変革ができるリーダーとして活躍できる人材を育成するプログラム

組織変革ができるリーダーとして活躍できる人材を育成するプログラム_自部門における課題とその解決方法を検討する→周囲を巻き込んだ課題解決と振り返りを行う→実践する上での障害を乗り越える→全4回・6カ月間の研修を通して将来のリーダーに近づいていく|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_6

Expert College リーダーシップ開発コースのねらい

  • ピア・ラーニングにより得られたメタ認知的思考と内省により、自己認識を改め、視野・視座・視点を変化させる
  • 対話形式による学びで、ヒューマンスキルを発揮し、日常のコミュニケーションや心遣いを変える
  • 組織変革のコンピテンシーをインプットし、チームの課題を認識、解決方法の検討・実践、振り返りを行い、将来のリーダーに近づく
リーダーシップ開発コースのねらい|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_7

Expert College リーダーシップ開発コースの特徴

次期管理職・管理職候補を育成するプログラム

反転学習_モバイルによる事前学習によりインプット主体だった研修をアウトプット主体に変革/ダイアログ(対話)_ディスカッション(討議)ではなくダイアログ(対話)形式で進行/ピア・ラーニング_仲間(Peer)と学ぶ(Learn)、受講者同士が相互に質問し合う対話形式の学びの場|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_8

次期管理職・管理職候補に必要な8つのコンピテンシーを習得する

組織をけん引するリーダーとして力を発揮するために必要なコンピテンシーがあります。
研修を通して、このコンピテンシーを高めることで、将来、管理職としてリーダーシップを発揮できる人材になることを目指していただきます。

次期管理職・管理職候補に必要な8つのコンピテンシーを習得する_イノベート・ザ・セルフ、環境への変化対応、ビジョン設定、仕事の構想・仕組み化、チームづくり、浸透、相互作用(任せ方・支援・助言)、意志決定(事実の把握・判断)|次期管理職のためのリーダーシップ開発コース|Expert College(少人数制・他社交流型研修)_9

Expert College リーダーシップ開発コースのカリキュラム

1回目自己の現状分析 ①リーダーに必要なコンピテンシーの理解と振り返り(自身の強み・弱みの確認)
②問題解決方法・手順の理解
③取り組むべき課題の特定
④解決策の検討
2回目解決策の策定・実践 ①1回目事後課題をもとに対話
②解決策の実行結果の振り返り・結果の要因分析
③周囲を巻き込み問題を解決する際に必要なコンピテンシーの理解と振り返り
④解決計画の再検討
3回目解決策の実践結果の
振り返り・改善
①2回目事後課題をもとに対話
②解決策の実行結果の振り返り・結果の要因分析
③周囲を巻き込み問題を解決する際の「つまずき」ポイントの確認
④解決計画の再検討
4回目問題解決力の
更なる強化
①3回目事後課題をもとに対話
②解決策の実行結果の振り返り・結果の要因分析
③解決計画の再検討
④新たな課題の設定
⑤プレゼンテーション

実施概要

受講対象
管理職候補・次期管理職(職種は問いません)

注意事項
原則として、全4回への参加が必須です
事前・事後課題には必ず取り組んでいただきます
研修中の途中退席は認めておりません
事前・事後課題では、スマホ・タブレット・PCを使用した学習ツールを使用します
(※スマホ・タブレット・PCを使用しないケースもございます)

実施時間
3時間30分(1セッション)×4セッション

実施場所
有楽町電気ビル トーマツ イノベーション 外部研修教室

研修開催日時
ご都合に合わせてお選び下さい。

費用
詳しくはこちらをご覧ください。

重要確認事項

  • ※ 本コースのご利用は東京のみとなります。
  • ※ 本コースは、より効果的な学習のために、付帯ツール(本コース専用のMobile Knowledge 及びBiz SCORE Basic)を利用します。
    ただし、利用者IDの発行は当社が行い、利用期間は申込コースの初回研修開催日から最終研修開催日までとします。利用期間終了後は、Biz SCORE Basic受検・テスト結果確認も含め、すべてのご利用が停止となりますので予めご了承ください。
    なお、別途各サービスにお申込みがあるお客様につきましても、本コースで利用するMobile Knowledge および Biz SCORE Basic は、本コース専用として準備いたしますので、相互で連携はございません。
  • ※ Mobile Knowledgeの推奨環境は以下の通りです。推奨環境でない場合、一部のサービスが利用できない可能性がございます。
    【スマホアプリ】 OS → iOS 7以降、Android 4.0以降
  • ※ Biz SCORE Basicの推奨環境は以下の通りです。推奨環境以外でのご利用の場合、一部のサービスが利用できない可能性がございます。
    【OS】 Windows Vista, 7, 8.1, 10
    【ブラウザ】 Internet Explorer 9, 11 * Flash Playerがインストールされている必要があります。

  • Share on Google+