Education Path(チケット制ビジネス研修)|人材育成・教育研修

300名超の企業向け、チケット制社員研修サービス

人材育成の「教育空白地帯」を埋めるチケット制研修サービス

多くの企業では、新入社員や管理職社員向けの社員研修は充実しています。では、若手・中堅社員についてはどうでしょうか? 当社では、若手・中堅社員が属する社員教育が手薄なゾーンを「教育空白地帯」と呼んでいます。この「教育空白地帯」を埋めるサービスが、Education Path(エデュケーションパス)です。

Manager/Middle Manager/Middle/Freshers|Education Path
実は...
  • ビジネスマナーが出来ていない
  • タイムマネジメントが出来ていない
  • お客様の話をしっかり聴けない
  • 契約書の基本知識がない
  • 考える力が不足している
  • 決算書が読めない
  • 話がわかりづらい
  • 後輩を指導できない
  • 議事録が書けない
  • 報連相ができない など

3つの特徴

1.豊富な研修数で組織・個人にあった教育を実現

ビジネスパーソンの土台となる基礎スキルからマネジメントスキルまで、テーマは300種類以上。 チケット制だから自由に研修を組み合わせることができ、「組織・個人に合った」社員教育を実現します。

2.開催頻度は業界No.1、選べる会場(東京・大阪・名古屋)

研修は月曜日から土曜日まで、朝9時から夜9時まで、年間4,000回以上開催。 受講会場は東京・大阪・名古屋の3会場。 業界・業種・地区問わず、様々な方々に研修をご受講いただけます。

3.社内研修では味わえない、刺激ある他流試合

公開型研修のEducation Pathでは、様々な業界・業種の方々にご参加いただいています。 研修内のワークショップを通した受講生同士の他流試合によって、社内研修では味わえない刺激を得ることが出来ます。

導入事例

一人ひとりの役割が異なる中堅社員向けに導入

中堅社員クラスになると、新人社員とは異なり、それぞれ求められるスキルが異なってきます。 そのため、階層ごとの一括研修はミスマッチに。だからこそ、社員一人ひとりに適した研修機会を提供することが重要です。 Education Pathでは職種別・階層別の研修が300種類以上あるため、社員一人ひとりに合った研修を提供できます。

ビジネススキルの振返りのために導入

ビジネスパーソンに必要な基礎スキルを新入社員の入社時に教育する企業は多くあります。 しかし、定着度合いはいかがでしょうか。実務を経験している若手・中堅だからこそ求められるビジネススキル。 Education Pathでは、他社の社員と他流試合をしながらビジネススキルの振返りができます。

福利厚生の一環として導入

社員研修は企画も管理も大変。ただ社員には研修の機会を与えたい。 Education Pathでは若手・中堅社員はもちろん、新入社員・管理職向けの研修もご用意しているので、幅広い層の社員にご利用頂けます。


  • Share on Google+
Education Path お問い合わせ
総合資料請求 総合お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

Education Path事務局

(受付時間:平日9:00~17:30)