人材育成スタートアップガイド|人材育成・教育研修

これから人材育成に取り組まれるご担当者様へ

企業の発展において、人と組織の成長を切り離すことはできません。
組織は人で成り立ち、一人ひとりの成長が組織の原動力になるからです。
ゆえに人材育成は、持続的な競争優位性を生み出す源泉であると我々は考えています。
組織全体のケイパビリティを高めるため、人材育成という新たな一歩を踏み出してみませんか?

これから人材育成に取り組まれるご担当者様へ|人材育成スタートアップガイド_1

人材育成手法比較表

一言で人材育成といっても、取り組む方法はさまざまです。自社に合った取り組み方が分からない、そんな方のために代表的な取り組み方をまとめた資料をご用意いたしました。

よくある人材育成の課題

世の人材育成担当者は、自社の人材育成の取り組みに満足しているのでしょうか。
実は、90%以上の企業は人材育成に何らかの課題を感じているといいます。

90%以上の企業が人材育成の課題を感じているようです 何かしらの課題がある93.5% 人材育成に関する育成上の課題TOP5 業務が多忙で育成の時間的余裕がない 上司等の育成能力や指導意識が不足している 人材育成が計画的・体型的に行われていない 人材育成を受ける社員側の意欲が低い 人材育成に係る予算不足|人材育成スタートアップガイド_2

※ 出典 労働政策研究・研修機構(JTLPT)

人材育成の手法を知る

人材育成の効果を高めるためには、自社にあった取り組み方を知ることが不可欠です。
そのためには、まずは人材育成の取り組み方を正しく知ることが重要です。
代表的な手法についてまとめました。

  • Off-JTを自分たちで実施

    内製研修

    特定業務に強い自社社員が講師として登壇し、実施する研修のことです。

  • Off-JTを社外に委託

    外注研修

    社外のプロフェッショナルに委託し、実施する教育研修のことです。

  • 社外に出向く外注研修

    公開型研修

    社外の研修スペースに社員が出向き、受講する研修形態のことです。


  • 講師を招く外注研修

    講師派遣型研修

    自社内の会議室などに社外のプロフェッショナル講師を招き、実施する研修形態のことです。

資格取得支援・自己学習

社員自身の意思によって行われる能力開発を、企業が支援する制度を指します。


人材育成手法比較表

一言で人材育成といっても、取り組む方法はさまざまです。自社に合った取り組み方が分からない、そんな方のために代表的な取り組み方をまとめた資料をご用意いたしました。

階層に合わせて育成方法を考える

新入社員やベテラン社員など、階層によって求められるスキルの内容やレベルは異なります。
社員一人ひとりの成長を促進するため、それぞれの階層にあった育成方法を検討することが重要です。

階層別の育成方法について詳しく見る

人材育成手法比較表

一言で人材育成といっても、取り組む方法はさまざまです。自社に合った取り組み方が分からない、そんな方のために代表的な取り組み方をまとめた資料をご用意いたしました。


  • Share on Google+

自社に合った取り組み方が分からない、そんな方のために代表的な取り組み方をまとめた資料をご用意いたしました。

階層別の情報を見る
人材育成メールマガジン

人材育成に関するノウハウやお役立ち情報、研修情報をお届けいたします。

お問い合わせ

(受付時間:平日9:00~17:30)

お問い合わせする