経営幹部|階層別の育成法を見る|人材育成・教育研修

経営幹部育成の目標

  • (1) 今後会社を担う中枢としての責任感を高め、全社目線の獲得幹部としての一体感を醸成する (2) 経営者の個人力経営からの脱却(企業が大きく、長く成長できる)

    経営幹部育成の目標

経営幹部が身につけるべき意識・知識・スキル

知識の昇華

未知の課題の発見

会社/経営の
リーダーシップ

事業開発、
戦略策定、施策立案力

組織全体の関係の強化/
新たな習慣の創出

組織の代表者として
魅力ある人格の形成

経営幹部育成の背景と目的

経営幹部の役割とは何か?本人に質問すると、一番多く返ってくるのは「社長(トップ)のサポート」です。これはある意味正解ですが、厳密に言うと、やや物足りないとも言えます。成長企業においては、経営幹部が「トップの指示」を待つのではなく、「自らの役割を明確に理解し、任された分野(役割)においては、強力なリーダーシップのもと組織運営している」姿が見られます。 現在の経済環境の変化の激しさを見れば、社長一人が全てに精通し、100%関与していくことはほぼ不可能とわかります。つまり、今や社長一人の個人力経営ではなく、経営幹部がそれぞれの持ち場で役割を果たす組織経営の時代になっており、これに対応できる人材をつくることこそが経営幹部育成の目的、企業成長の要諦と言えるのです。


経営幹部の育成方法とポイント

経営幹部を育成するには、何が必要でしょうか。 まずは、自身の役割を正しく理解し、その上で役割を果たすためにトップと同じレベルで会社の基本方針を共有するということです。
基本方針をトップと同じレベルで共有するためには、トップとの接触時間を増やし、薫陶を受けることが重要です。トップとの接触頻度や時間が、考え方や想いの共有レベルを左右します。また経営幹部が習得すべき能力、知識、スキルは多岐に渡るため、業務内での実践のみならず、研修形式で、テーマごとに複数回に分け、長期に渡って行うことが効果的でしょう。

階層別育成比較表

階層毎の育成のポイントや身につけるべきスキル等をまとめてご覧いただけます。

経営幹部対象人材育成サービス

階層別の育成法を見る

  • Share on Google+