管理職|階層別の育成法を見る|人材育成・教育研修

管理職育成の目標

  • (1) 管理職に必要な知識・スキルを身につけ、高いレベルのパフォーマンスを効率よく発揮することができる (2) 「成果を上げ続けるためにどう人を育てるか」ということに執着して考え抜き、管理職として「人材を育成」できる

    管理職育成の目標

管理職が身につけるべき意識・知識・スキル

知識の入れ替え

全体最適視点での課題の優先順位/劣後順位の決定

部門のリーダーシップ

部門が担う業務の改善/完遂

習慣化の組織浸透

周りを惹きつける
人格の形成

管理職育成の背景と目的

「管理職のミッション」とは何でしょうか。答えは「組織(部門)の成果を持続的に出すこと」です。つまり、管理職育成の目的は、「組織(部門)の成果を持続的に出せる人材づくり」に他なりません。一般社員と管理職の違いは、部門や部下を率いているか否か、つまり「背負うもの、責任の大きさ」と言えます。自分一人が成長し、成果を出せれば良かった中堅時代までとは大きく異なり、各管理職が率いる部門の部下一人ひとりの活躍が組織の成果と大きく関連します。そのため、管理職育成の目的である「組織(部門)の成果を持続的に出せる人材づくり」は、「成果をあげる人材」を育成できる人材づくりとも言い換えることができます。


管理職の育成方法とポイント

管理職を育成するには、何が必要でしょうか。まず、過去の個人的な成功体験を一度棄却し、プレイヤー時代の知識と管理職として必要な知識を入れ替えることが求められます。例えば、「自分が成果をあげる」ことと「部下10人に活躍してもらい、トータルとして10倍以上の成果をあげる」ことでは、必要な知識、スキルが違います。一流のプレイヤーとして輝かしい成果を残してきた管理職が、一度自分の慣れ親しんだ知識、スキル、経験をゼロにリセットし、マインドチェンジして次のステージにのぞめるか。これが多くの企業における、管理職育成の最初の関門になります。

階層別育成比較表

階層毎の育成のポイントや身につけるべきスキル等をまとめてご覧いただけます。

管理職対象人材育成サービス

階層別の育成法を見る

  • Share on Google+