中堅社員|階層別の育成法を見る|人材育成・教育研修

中堅社員育成の目標

  • (1) 特定領域の業務において、優れた成果が出せるようになる (2) 現場のリーダー候補としての意識醸成モチベーションの向上

    中堅社員育成の目標

中堅社員が身につけるべき意識・知識・スキル

専門知識の深耕による業務改善

概念化能力
(情報の構造化と課題の抽出)

現場の
リーダーシップ

信頼関係構築スキル

習慣化の範囲の拡大/見直し

組織に認められる人格の形成

中堅社員育成の背景と目的

中堅社員ともなると、次世代リーダー、またはその候補という立場で後輩を指導したり、場合によっては小さなユニットを率いる機会も出てくるでしょう。そして、知識や経験を活かし、周囲にプラスの影響を与えられる人材としての存在感を求められる時期ではないでしょうか。定型業務だけでなく、新規事業開発や戦略策定といった非定型業務を安心して任せることができると、役割も広がります。周囲にプラスの影響を与えながら、より幅広い役割を任せられる人材へと成長させることが、中堅社員育成の目的です。


中堅社員の育成方法とポイント

若手時代までとは異なり、中堅社員は定型業務のみならず非定型業務も安心して遂行できることが求められます。普段とは異なる業務への挑戦機会を与えることで、今まで向き合ったことのない課題や困難にぶつかった時の思考法および対処法を学ばせることができます。非定型業務の取り組み方へのフィードバックを通じて、判断軸をすり合わせたり、広く深い専門知識の習得を促進します。

階層別育成比較表

階層毎の育成のポイントや身につけるべきスキル等をまとめてご覧いただけます。

中堅社員対象人材育成サービス

階層別の育成法を見る

  • Share on Google+