内定者|階層別の育成法を見る|人材育成・教育研修

内定者育成の目標

  • (1) 内定者自身の中長期目線を醸成し、目の前の困難に立ち向かい、多くの試練を乗り越えようと励むことのできる原動力を生み出す (2) 内定者期間中に社会人になってから必要な知識を前倒しで学ぶことによって、リアリティショックを緩和する

    内定者育成の目標

内定者が身につけるべき意識・知識・スキル

社会人になるための心構え

基礎知識の習得

関係構築の基本スキル
(挨拶、お辞儀)

習慣化のための基本行動の理解

内定者育成の背景と目的

内定者育成の目的とは何でしょうか。「内定辞退の防止」「入社後の早期戦力化」。間違いではありません。しかし、そこにもう一つ加えていただきたい視点があります。
それは、内定者たちに「将来どのような人材になってほしいのか」ということです。内定者育成では一般の社員研修では間違いなく考えられている「目指すべき人材像」という視点を忘れてしまいがちです。この目的を持って育成することで、内定者自身に中長期視点が身につき、短期的な処遇や成果の有無だけで一喜一憂する、ということが少なくなるのです。


内定者の育成方法とポイント

「3年後、5年後にどのような姿になっていたいか?」「そのために、新人時代、そして内定者時代の今、すべきことは何か?」というように、「未来の姿」から「現在の姿」へと自分事としてとらえさせるような運用をすることが大切です。「目指すべき姿」から「今やるべきこと」へとブレイクダウンするためには、「何のために必要なのか」、「なぜ必要なのか」といった目的をしっかり伝達する必要があります。その中で、目指すべき未来の姿に近づくために、今の学びが必要であることを理解させると良いでしょう。

階層別育成比較表

階層毎の育成のポイントや身につけるべきスキル等をまとめてご覧いただけます。

内定者対象人材育成サービス

階層別の育成法を見る

  • Share on Google+