女性の採用数 解決Action「女性応募者を増やす3アプローチ」|女性活躍推進の進め方

女性の採用数解決に!
女性応募者を増やす
3アプローチ

女性の採用数(you are here)、女性の管理職数、女性の勤続年数・労働時間+推進体制づくり|女性の採用数 解決Action「女性応募者を増やす3アプローチ」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_5

女性の採用を促進しようと思っても、そもそも女性からの応募が少なければ、採用数の拡大にはつながりません。女性が応募を躊躇する背景には、業界や業種に対して働きづらい印象を持っている、会社の姿が伝わっていない、女性が活躍できる職場ではないと思われていることなどが挙げられます。こういったマイナスのイメージを払拭し、女性からの応募を増やして採用につなげるために、何をする必要があるのでしょうか。3つの切り口で具体的な手法をご紹介します。

女性の採用数解決に!|女性の採用数 解決Action「女性応募者を増やす3アプローチ」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_6

1 継続して働くことができる環境をつくる

女性社員の採用を推進するには、女性が働き続けられる環境を整えることが大前提です。女性が求める職場環境をヒアリングするなど、改善すべき課題を明確にした上で、会社全体で職場づくりに取り組んでいくことが大切です。

2 採用条件を見直し、応募しやすい状況をつくる

自社の採用基準や採用条件が、どんな女性でも応募しやすい内容となっているかを確認します。例えば、在宅勤務や時短社員、再雇用制度を設けて採用の幅を広げれば、育児や介護など、時間的な制約がある女性の応募増加につながります。

3 女性が活躍できる会社をアピールする

自社のウェブサイトや応募資料を見直し、活躍している女性社員や実際の働き方、職場環境をPRすることで、入社後に活躍できるイメージを持ってもらうことが大切です。「えるぼし認定」や「くるみん認定」などを取得して、女性活躍を推進し、子育てをサポートしている企業であることを社外に発信するのも効果的です。

Caution!落とし穴「アンコンシャスバイアス」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_80

落とし穴アンコンシャスバイアス

「女性は事務的なことが得意だ」「時短勤務で働く女性には大きな仕事は任せることは難しい」。世の中には、このような見方をしている人も存在します。これは性別にまつわる「アンコンシャスバイアス(無意識の偏見)」と呼ばれるものの典型です。女性の採用が進まない背景に…

続きを
詳しく読む

他の解決ActionもCheck!

女性の採用数解決
Action
女性の管理職数解決
Action
女性の勤続年数・
労働時間解決Action
女性活躍推進 お問い合わせ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

(受付時間:平日9:00~17:30)