公平な評価と登用の落とし穴「ロールモデル幻想」|女性活躍推進の進め方

「公平な評価と登用」 Action 落とし穴
ロールモデル幻想

女性活躍推進の施策として、たびたび挙げられるロールモデルの提示。その中で、「女性活躍が進まないのは、ロールモデルがいないからだ!」という声をよく聞きます。

しかし、当社が女性管理職を対象に行った調査によると、8割以上の女性が「社内外にロールモデルがいた」と回答しています。さらにこの8割の女性を深掘りしていくと、「私のロールモデルはこの人」と特定の1人を理想としているのではなく、「その人の良い面だけをお手本にしている」ことがわかりました。つまり女性は、「仕事の進め方はAさんを見習おう」「部下の育成についてはBさんが理想」というようにロールモデルをうまく使い分け、会社が提示しようとする“完璧な”ロールモデルを求めているわけではないのです。

このことから、「ロールモデルがいないから女性活躍が進まない」「ロールモデルがいないから管理職になりたくない」というのは“幻想”であり、女性活躍が進まない理由にはならないといえそうです。

公平な評価と登用の落とし穴「ロールモデル幻想」|女性活躍推進の落とし穴|女性活躍推進|人材育成・教育研修_5

他の落とし穴もチェック!

解決ActionをCheck!

女性の採用数解決
Action
女性の管理職数解決
Action
女性の勤続年数・
労働時間解決Action
女性活躍推進 お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

(受付時間:平日9:00~17:30)

お問い合わせする