女性の勤続年数・労働時間 解決Action「職場づくり」|女性活躍推進の進め方

2女性の勤続年数・労働時間解決に!
職場づくり

女性の採用数、女性の管理職数、女性の勤続年数・労働時間(you are here)+推進体制づくり|女性の勤続年数・残業時間 解決Action「職場づくり」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_5

制度の充実だけでなく、女性が働きやすく、長く活躍できる"職場づくり"も大切です。女性の思いを正しく認識し、女性自身にもキャリアを伸ばすことの重要性や家庭と仕事の両立に必要なことを理解してもらった上で、「平等」「助け合い」「残業見直し」をキーワードに、女性が長く働き続けられる職場づくりを進めていきましょう。

女性の勤続年数・残業時間解決に!|女性の勤続年数・残業時間 解決Action「職場づくり」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_6

□ お互いを正しく理解する

女性の就業継続意欲をそぐ要因として、「採用数」や「管理職数」の解決Actionでも触れた「アンコンシャスバイアス」が挙げられます。よくあるケースが、「重要な仕事は女性ではなく男性に任せる」「女性は結婚を機に辞めてしまい、育成のしがいがないから育てない」など、機会を男性と同様に与えないことです。

アンコンシャスバイアス以外にも、職場には様々な認識のズレが生じています。例えば、ワーキングマザーは「時短勤務で適当に仕事をこなして楽をしたい」と思っているわけではないのに、周囲の社員から「時短勤務で残業がないから楽だ」と思われてしまうなどです。

女性が長く活躍できる環境を整えるには、会社は働く女性の本音や女性活躍推進が求められる背景を理解する、女性自身は会社からの期待や継続して働くことの重要性を理解するというように、職場全体でお互いを正しく理解することから始める必要があります。

女性が働き続けたい職場トップ3

当社が行った調査によると、女性が働き続けたいと思う職場のトップ3は、「機会を男性と同様に与えてくれる職場」「助け合いのある職場」「残業を見直す雰囲気がある職場」です。認識のズレを解消したら、この3つを頭に入れて職場づくりを進めていくと良いでしょう。

特に時間的な制約がある社員は、周囲の助けが必要な状況が発生しやすく、困ったときに助けを求めやすい職場が不可欠であることは言うまでもありません。また、「残業=高い意欲」などと評価してしまっては、残業をしたくてもできない社員に、「自身の居場所がない」と感じさせてしまうかもしれません。

女性が長く働ける職場づくりを実現するには、単純に仕事を減らす、労働時間を短くするのではなく、「能力開発支援」でも触れたように、"やりがいを感じられる仕事"で成長の機会を与えながら、助け合いと残業見直しの雰囲気をつくっていくことがポイントです。

Check!成功ポイント|女性活躍推進|人材育成・教育研修_72

成功ポイント「ワーキングマザーが成果を出す職場」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_73ワーキングマザーが成果を出す職場

時間の制約が大きいワーキングマザー(WM)にとって、どのような環境が働きやすさにつながっているのでしょうか。当社の調査によると、仕事も家庭も充実しているWMがいる職場の特徴は、「助け合いのある職場」「目標を共に達成しようという雰囲気のある職場」。WMが…

続きを
詳しく読む
Check!成功ポイント|女性活躍推進|人材育成・教育研修_84

成功ポイント「制度の可視化」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_85仕事の可視化

女性が働き続けたいと思う職場の特徴の1つである「助け合いのある職場づくり」。これを実現させるための施策として、「仕事を見える化する」が挙げられます。実際、当社の調査においても、ワーキングマザーの成果を支える管理職の行動として「職場の負荷を見える化する…

続きを
詳しく読む
Check!成功ポイント|女性活躍推進|人材育成・教育研修_76

成功ポイント「助け合いの評価」|女性活躍推進|人材育成・教育研修_77助け合いの評価

女性が働き続けたい職場の特徴である「助け合いのある職場」を実現していくためには、助け合いを促すだけでなく、助け合い後のフォローも欠かせません。ここでは「助け合いを評価」することについてお伝えします。…

続きを
詳しく読む

他の解決ActionもCheck!

女性の採用数解決
Action
女性の管理職数解決
Action
女性の勤続年数・
労働時間解決Action
女性活躍推進 お問い合わせ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

(受付時間:平日9:00~17:30)