若手社員|階層別の育成法を見る|人材育成・教育研修

若手社員育成の目標

  • (1) 基本行動が正しく習慣化され無意識に実践できるような、社会人としての「土台」を完成させる (2) 「土台」の完成により、定型業務一人で遂行できるようになる

    若手社員育成の目標

若手社員が身につけるべき意識・知識・スキル

基礎知識
(経済用語、業務知識)

セルフリーダーシップ
(任された仕事をやりきる)

関係構築スキル
(報連相、ビジネスライティング)

業務に直結する基本行動の理解と習慣化

基本となる考え方の習得
(情報整理、自ら考える力)

若手社員育成の背景と目的

若手社員育成の目的は、基本的な仕事の型を完成させることによって、「定型的な業務であればミスなく安定して任せられる」状態まで成長を促すことです。一人で回せる仕事ができると、組織の中で一定の役割を任せられるようになります。
将来的に新規事業開発や戦略策定といった非定型業務においても成果を出せる人材へと成長するために、まずは一人で業務を遂行できる力を身につけさせることが第一の目標になります。


若手社員の育成方法とポイント

一人で業務を遂行できる人材を育てるためには、業務の与え方と、業務実施に対するフィードバックの質が重要です。新入社員育成においては、一連の業務の中から一部の作業を切り分けて与えていたと思います。一方、若手社員は、業務の一連の流れと自身が担う役割を意識し「何の目的のために業務を遂行するのか」という関連性がしっかりと理解できるようになります。そのため、「作業」を与えるのではなく「役割」を与え、その「役割」を果たすためにどのように業務を遂行すべきなのかを関連付けて伝えていくことが有効です。

階層別育成比較表

階層毎の育成のポイントや身につけるべきスキル等をまとめてご覧いただけます。

若手社員対象人材育成サービス

階層別の育成法を見る

  • Share on Google+